髪ケアの前にパサつきの原因を知ろう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

髪のパサつきは誰でも一度は悩んだことのある髪トラブルではないでしょうか。普段あまり気にすることも無かったのに、ある日いきなり髪のパサつきが気になるようになった、という人もいます。では、髪の毛のパサつきはどうして起こるのでしょうか。

髪の毛のパサつきにはいろいろな原因がありますが、大きく分けると2つの原因に分けることができます。外部からのダメージと、生活習慣の乱れです。

髪の毛の中には水分がある程度含まれていますが、髪が紫外線や乾燥した空気の中に長時間さらされていると、中の水分が抜けてしまいパサつきの原因となってしまいます。この他、頭皮を強く刺激するようなシャンプーや、長時間髪をドライヤーに当て続けるといった間違った髪ケアも、髪から水分が逃げてしまう原因になります。

この他、偏った食事や不規則な睡眠を繰り返していると、髪の元である頭皮に栄養やそれを運ぶ血液が十分に行き渡らなくなり、頭皮や髪が栄養不足の状態になってしまうことがあります。これもまた、髪のパサつきを生み出す原因です。不規則な生活習慣を続けていると、ホルモンや自律神経のバランスも乱れていくので、これが原因で髪のパサつきが起こることもあります。

髪のパサつきをケアするには、髪ケアのみをするだけでなく、こうしたパサつきの原因にも対処してあげる必要があるのです。